JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

60%および 70%イソプロパノールは「イソプロパノール耐性」エンテロコッカス・フェシウム(Enterococcus faecium )に対して有効である

Isopropanol at 60% and at 70% are effective against ‘isopropanol-tolerant’ Enterococcus faecium

J. Gebel*, S. Gemein, G. Kampf, S.J. Pidot, N. Buetti, M. Exner
*University Hospital Bonn, Germany

Journal of Hospital Infection (2019) 103, e88-e91


エンテロコッカス・フェシウム(Enterococcus faecium )ATCC 6057、ST 796(イソプロパノール耐性株)、ならびにエンテロコッカス・ヒラエ(Enterococcus hirae )ATCC 10541について、イソプロパノールの殺菌能を調べた(EN13727)。60%および 70%イソプロパノールは、15 秒ですべての菌株に対して有効(≧ 5.38 log10 減少)であったが、23%イソプロパノールは無効であった(≦ 15 分で< 0.99 log10 減少)。続いて4 フィールドテストを用い、E. faecium に対する 70%イソプロパノールの効果を試験した。8 mL は 1 分では十分な効果がみられなかったが(< 5 log10 減少)、16 mL は有効であった(≧ 5.85 log10 減少)。使用量が適切であれば、60%および 70%イソプロパノールは E. faecium に対して有効であると安心してよいであろう。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
昨年、23%イソプロパノールに耐性を示す E. faecium がオーストラリアから報告され、さらにスイスではこの中の ST796 が侵襲性感染症の集団発生を生じていたことが明らかになった。加えてこの E. faecium は 70%イソプロパノールによる表面消毒にも抵抗性を示した。本報告は、これらの報告を追試する意味もあり、十分な濃度と接触時間を確保すれば60%~ 70%のイソプロパノールはいまだ有効であるとの結果が得られた。ただしイソプロパノール・アルコール耐性の機序はまだ不明といえ、今後も詳細な検討とデータの集積が必要である。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.