JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

ルーマニアの病院における NDM-1 カルバペネマーゼ産生株プロビデンシア・スチュアーティイ(Providencia stuartii)の拡散:多施設共同研究

Dissemination of NDM-1 carbapenemase-producer Providencia stuartii strains in Romanian hospitals:a multicentre study

S. Molnár*, M.M.M. Flonta, A. Almaş, M. Buzea, M. Licker, M. Rus, A. Földes, E. Székely
*University of Medicine, Pharmacy, Science and Technology of Tîrgu-Mureş, Romania

Journal of Hospital Infection (2019) 103, 165-169


近年、複数のルーマニアの病院がプロビデンシア・スチュアーティイ(Providencia stuartii)株の分離の増加と、憂慮すべきカルバペネム耐性率について指摘している。P. stuartii の拡散に関する分子疫学的データを示すため、ルーマニアの異なる地域の 5 つの病院から収集された P. stuartii 77 株を分析した。すべての菌株は IncA/C プラスミドを保有しており、67 株は blaNDM-1 遺伝子を保有していた。パルスフィールド・ゲル電気泳動によって、6 つのクローンクラスターが識別された。主要なサブタイプは 5 病院すべてにおいて認められた。我々の研究により、抗菌薬使用の最適化およびカルバペネマーゼ産生 P. stuartii に対する対象限定サーベイランスといった、効率的な感染制御策の必要性が浮き彫りになった。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
ルーマニアの 5 つの病院で、遺伝子学的に同一と考えられる NDM-1 を産生するP. stuartiiが検出されているそうだ。非常に懸念される状況である…。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.