JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

カルバペネマーゼ産生腸内細菌科細菌の保菌歴のある再入院患者におけるスクリーニング:スクリーニング方針変更の評価

Screening for carbapenemase-producing Enterobacteriaceae in previous carriers readmitted to hospital: evaluation of a change in screening policy

A. Tucker*, R. George, W. Welfare, P. Cleary, J. Cawthorne, A. Dodgson
*Public Health England North West, UK

Journal of Hospital Infection (2019) 103, 156-159


英国の病院において、カルバペネマーゼ産生腸内細菌科細菌(CPE)は、ますます深刻な問題となっている。伝播の予防には早期発見が必要である。本研究では、発生率がより高い病院 1 施設において、blaKPC 関連 CPE の保菌歴のある患者のスクリーニングの新たな方針について評価する。従来の方針は、「一度陽性になると、陽性が持続」を前提としていた。新たな方針では、迅速なスクリーニングとリスク評価を使用する。blaKPC 関連 CPE 保菌歴のある大部分の患者(76.5%)で、再入院時またはその後の入院中に blaKPC 関連 CPE が検出できなかった結果が示されたが、初回の結果が陰性であっても、継続的なスクリーニングが必要であることが示された。新たな方針では、リスクに基づくアプローチを適用し、発生率のより高いトラストにおいて隔離設備を優先させる。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
CPE 保菌歴のある患者の再入院にあたり、データを解析し、これまでに「一度陽性になると、陽性が持続」すると考えた対策から、繰り返しスクリーニングを行い、検出された場合に対策を実施する、にポリシーを変更した、という論文である。これに伴い、隔離のための病室の不足、不要な対策にかかる費用が軽減されると思われるが、長期データの解析による評価が必要であろう。


JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.