JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文

Clip to Evernote

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(meticillin-resistant Staphylococcus aureus:MRSA)鼻腔内・咽頭内保菌と抗菌薬全身投与の追加に焦点を置いた除菌:デンマークにおける経験

Danish experience of meticillin-resistant Staphylococcus aureus eradication with emphasis on nose-throat colonization and supplementary systemic antibiotic treatment

I.S. Petersen* , J.M. Christensen, A.B. Zeuthen, P.B. Madsen
* Slagelse Hospital, Denmark

Journal of Hospital Infection (2019) 103, 461-464


本研究の目的は、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(meticillin-resistant Staphylococcus aureus:MRSA)保菌に関して、鼻腔内・咽頭内保菌と抗菌薬全身投与の追加に焦点を置いた Danish Board of Health の治療指針を評価することである。患者 358 例のうち鼻腔内 MRSA(58例)または咽頭内 MRSA(183 例)の保菌患者を対象に、MRSA 除菌治療の結果について分析した。3 回目の投与後の累積除菌率が鼻腔内(71%)、咽頭内(73%)で同等であるという結果にもかかわらず、初回投与後の除菌率は、鼻腔内(66%)のほうが、咽頭内(41%)よりも良好であることが、デンマークの MRSA 治療指針により明らかになった。本研究により、保菌に対する治療への抗菌薬全身投与の追加は、有益な作用を示さないことが確認された。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
デンマークでの MRSA の除菌指針は、①ムピロシン 5 日間(咽頭キャリアは 10 日間)、②クロルヘキシジン石けんを用いた全身洗浄、③清掃・洗濯となっており、病院内伝播リスクの高い患者、受診や入退院の頻繁な患者では、薬剤感受性に基づいて主にクリンダマイシンを 7 ~ 10 日間投与することとなっている。最初の除菌に失敗すると 2 回目の除菌を、そしてそれも失敗すると 3 回目の除菌を行ったが、除菌率が咽頭よりも鼻腔で高いのは、これまで知られていたことと合致しており、新規性はない。ただし抗菌薬の全身投与の追加については、行わなかった群の方がむしろ除菌率は高かった。全身投与を追加した患者を鼻腔内、咽頭内に分けた場合の結果を示してはいないが、全身投与が保菌率を高める可能性さえ危惧される。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.