JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文
コロナウイルスの影響により一部、監修者のコメントおよびレーティングを未監修のまま掲載しておりますので、ご了承ください。

Clip to Evernote

オランダの居住型ケア施設における VIM 型カルバペネマーゼ産生大腸菌(Escherichia coli

VIM-carbapenemase-producing Escherichia coli in a residential care home in The Netherlands

M.J. Bruins*, A.H. Koning ter Heege, M.I. van den Bos-Kromhout, R. Bettenbroek, M. van der Lubben, S.B. Debast
*Laboratory of Clinical Microbiology and Infectious Diseases, The Netherlands

Journal of Hospital Infection (2020) 104, 20-26


背景
カルバペネマーゼ産生腸内細菌科細菌(CPE)は、公衆衛生上の重大な脅威であり、その脅威は増大している。病院や長期ケア施設において、伝播予防のために保菌者を特定すべきであるが、感染制御のためのガイドラインが、あらゆるタイプのケア施設に適用できるとは限らない。

目的
オランダの居住型ケア施設(入居者は個室付きの集合住宅に居住するが、共有設備も使用する)における VIM 型メタロβ‐ラクタマーゼ産生大腸菌(Escherichia coli)のアウトブレイクの調査について報告すること。

方法
保菌率および定着率を評価するために、接触・環境に関する巡回スクリーニングを実施した。施設の内部特性により、特別の感染制御策が必要であった。接触予防策、衛生状態の改善、教育などの介入バンドルを実施した。

結果
全体で、居住者 110 例のうち、発端症例を含む CPE 保菌者 8 例が特定された。VIM 型 CPEの拡散は、共有領域の共用トイレの使用と関連した。最初の症例の発見から 7 か月後に全保菌者が VIM 陰性であることが確認され、1 年後、VIM 型 CPE は環境内にもはや検出されなかった。

結論
アウトブレイクの制御を達成するために特別なバンドルアプローチが必要であった。多剤耐性病原菌の拡散に効果的に取り組むために、現行のガイドラインは、あらゆるタイプの居住型ケア施設に合わせて変更すべきである。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
ケア施設における耐性菌の拡散、蔓延は我が国でも心配される課題である。日本においても同様な検討が必要と考える。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.