JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文
コロナウイルスの影響により一部、監修者のコメントおよびレーティングを未監修のまま掲載しておりますので、ご了承ください。

Clip to Evernote

多剤耐性アシネトバクター・バウマニー(Acinetobacter baumannii)の遺伝学、疫学、臨床像

Genetics, epidemiology, and clinical manifestations of multidrug-resistant Acinetobacter baumannii

P. Nasr*
*California State University, USA

Journal of Hospital Infection (2020) 104, 4-11


アシネトバクター・バウマニー(Acinetobacter baumannii)感染症は、世界中の病院で衛生上の新たな懸念事項となっており、長期入院患者において、より不良な臨床転帰を示す院内感染症と関連することが多い。感染管理には、感染菌株の迅速な同定、感染源の隔離、抗菌薬レジメンの適切な選択が含まれる。しかし、第一選択抗菌薬に対する耐性は、同等に有効な代替薬がないことと相まって、多剤耐性 A. baumannii 感染症の治療を困難にする。現在、多剤耐性 A. baumannii は、病院や長期ケア施設における衛生上の重大な懸念事項であり、出現率を制御するために迅速かつ継続的な防止策が必要である。本レビューでは、多剤耐性 A. baumannii の出現に影響を与える疫学、遺伝子マーカー、およびその他の因子の傾向について報告する。現行の対策および新たな対策、ならびに感染制御策について検討する。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
アシネトバクター・バウマニー(Acinetobacter baumannii)感染症のリスク因子に関するレビューである。書かれているリスク因子は個々の論文でも以前から指摘されたことが基本である。



JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.