JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文
コロナウイルスの影響により一部、監修者のコメントおよびレーティングを未監修のまま掲載しておりますので、ご了承ください。

Clip to Evernote

心肺バイパスによる心臓手術後の播種性マイコバクテリウム・キマイラ(Mycobacterium chimaera)感染症の診断・治療・予防のための International Society of Cardiovascular Infectious Diseases ガイドライン

International Society of Cardiovascular Infectious Diseases Guidelines for the Diagnosis, Treatment and Prevention of Disseminated Mycobacterium chimaera Infection Following Cardiac Surgery with Cardiopulmonary Bypass

B. Hasse* M.M. Hannan, P.M. Keller, F.P. Maurer, R. Sommerstein, D. Mertz, D. Wagner, N. Fernández-Hidalgo, J. Nomura, V. Manfrin, D. Bettex, A. Hernandez Conte, E. Durante-Mangoni, T.H.-C. Tang, R.L. Stuart, J. Lundgren, S. Gordon, M.C. Jarashow, P.W. Schreiber, S. Niemann, T.A. Kohl, C.L. Daley, A.J. Stewardson, C.J. Whitener, K. Perkins, D. Plachouras, T. Lamagni, M. Chand, T. Freiberger, S. Zweifel, P. Sander, B. Schulthess, J.E. Scriven, H. Sax, J. van Ingen, C.A. Mestres, D. Diekema, B.A. Brown-Elliott, R.J. Wallace Jr., L.M. Baddour, J.M. Miro, B. Hoenl, the M. chimaera ISCVID Investigators and ISCVID Executive Committee
*University Hospital and University of Zurich, Switzerland

Journal of Hospital Infection (2020) 104, 214-235


心肺バイパス術後の患者において、マイコバクテリア感染症に関連した罹病率および死亡率は高く、これらの患者の診断・予防・治療の国際的な指針を作成するために、専門家のコンセンサスに基づく見解の必要性が増している。本稿では、International Society for Cardiovascular Infectious Diseases(ISCVID)が、予防(病院疫学の分野)、臨床上の管理(感染症専門医、心臓外科医、眼科医、その他)、検査室診断(微生物学者、分子診断)、機器管理(潅流技師[パーフュージョニスト]、心臓外科医)、および公衆衛生の面から作成した見解を述べる。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
M. chimaeraM. intracellulareM. avium に近縁の遅発育抗酸菌であり、心臓血管外科手術の体外循環に用いられる冷温水装置の汚染によって、創感染、播種性感染の患者が多発したことで知られる。今回のガイドラインは本菌による感染症の診断・治療・予防の多方面にわたってまとめられたものであり、先進的な試みといえよう。なお本菌の正確な同定は、遺伝子同定を用いても容易ではなく、全ゲノム解析による近縁種との系統関係を解析した検討においても、種としての独立性に疑問を呈する意見がある。

レーティング:★


JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.