JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文
コロナウイルスの影響により一部、監修者のコメントおよびレーティングを未監修のまま掲載しておりますので、ご了承ください。

Clip to Evernote

抗菌薬管理介入:抗菌薬アレルギーが報告された入院患者における抗菌薬治療の最適化

Antimicrobial stewardship intervention: optimizing antibiotic treatment in hospitalized patients with reported antibiotic allergy

L. Lin*, J.E. Nagtegaal, P.C.A.M. Buijtels, E. Jong
*Meander Medical Centre, the Netherlands

Journal of Hospital Infection (2020) 104, 137-143


背景
入院患者において報告された抗菌薬アレルギーは、より多くの有害事象、代替抗菌薬の使用、および長期入院と関連するようである。抗菌薬アレルギーが報告された患者のほとんどで表示が打ち消される可能性があるため、抗菌薬管理介入を設定した。

目的
報告された入院患者の抗菌薬アレルギーが、抗菌薬治療に及ぼす影響を明らかにすること、および積極的な抗菌薬管理介入により、推奨される抗菌薬治療からの不必要な逸脱を避けること。

方法
2019 年 3 月から 5 月にオランダの教育病院において、抗菌薬アレルギーが報告された入院患者を介入研究の対象とした。医師は研修を受け、アレルギー表示を理由に推奨される抗菌薬治療からの不必要な逸脱があった場合、電子カルテ内に推奨事項を提示され、その患者を薬物負荷試験の対象とした。

結果
抗菌薬アレルギーが報告された患者 492 例を特定し、入院件数は 558 件を占めた。抗菌薬アレルギーの表示により、推奨される抗菌薬治療が妨げられたのは 93 例であった。これらの患者のうち 68 例が薬物負荷試験の対象となり、42 例が負荷試験を受けた。42 例中 40 例(95%)でアレルギー反応が認められず、推奨される抗菌薬治療が実施された。薬物負荷試験後に2 例(5%)で重度ではない皮膚反応が生じ、代替抗菌薬レジメンを継続した。

結論
抗菌薬アレルギーの表示が報告された患者に、推奨される抗菌薬治療を提供するために、そして抗菌薬再曝露で問題がなければ、表示を打ち消すために、この抗菌薬管理介入を使用することができる。

サマリー原文(英語)はこちら

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.