JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文
コロナウイルスの影響により一部、監修者のコメントおよびレーティングを未監修のまま掲載しておりますので、ご了承ください。

Clip to Evernote

気送管の輸送システムは潜在的病原体を伝播するか?大学病院 1 施設における衛生リスクの評価 Do pneumatic tube transport systems transmit potential pathogens? A hygienic risk assessment in a university hospital

L. Khaznadar*, S.J. Dancer, A. Petersmann, U. Seifert, H. Below, R. Papke, M. Suchomel, T. Kohlmann, A. Kramer
*University Medicine Greifswald, Germany

Journal of Hospital Infection (2020) 104, 374-380

背景
1 医療施設におけるバンコマイシン耐性腸球菌(VRE)のアウトブレイクを受けて、本研究では 1 台の気送管の輸送システムが伝播チャネルである可能性を検討した。

方法
受け取りステーションおよびエントリーラックから塗抹法によりサンプル採取を行った。気送管輸送システムの清掃に用いたスポンジを 0.89%の食塩水に浸漬し、回路で輸送した。気送管および洗浄スポンジから、洗い流し法を用いて微生物を回収した。空気汚染がないかを検出するため、受け取りステーションにおいてエアーサンプリングを行った。さらに送付用チューブを人為的に大腸菌(Escherichia coli)K12 NCTC 10538 および表皮ブドウ球菌(Staphylococcus epidermidis)DSM 20044 で汚し、実際に輸送して、チャネル汚染を調べた。

結果
通常の操作においては、気送管輸送システムからの排気や、送付チューブ内に病原体は検出されなかった。送付チューブのエントリーラックは、コアグラーゼ陰性ブドウ球菌や好気性桿菌、糸状菌、バンコマイシン感性エンテロコッカス・フェシウム(Enterococcus faecium)により汚染されていた。E. coli は持続力が弱いため、気送管輸送システムによる細菌伝播の検出には適していないことが示されたが、S. epidermidis はより持続力が強かった。菌で汚染したチューブは輸送システムに通した後でも、S. epidermidis のレベルはごくわずかしか低下しなかった。その後、消毒液に浸漬したスポンジをシステム内に通し、これにより最初の試行から S. epidermidis が完全に除去された。

結論
気送管輸送システムの衛生管理をルーチンに行うことで、病原体伝播の可能性は非常に低くなるが、エントリーラックは定期的に消毒すべきである。本研究を実施した施設における VRE アウトブレイクには、気送管輸送システムは関連していなかったと考えられる。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
気送管輸送システムは、国内では「エアシューター」や「気送子」といった名称で呼ばれることがあり、複数の形態が存在する。日常的に使用されている場合、その汚染については注意が払われにくい場所の 1 つと思われる。使用システム・使用法・衛生状態の保持の状況は施設間で異なるが、本検討の着眼点と方法、得られた結果はユニークといえ、非常に参考になるといえる。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.