JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文
コロナウイルスの影響により一部、監修者のコメントおよびレーティングを未監修のまま掲載しておりますので、ご了承ください。

Clip to Evernote

待機的ストーマ逆転手術における局所陰圧閉鎖療法:英国の地域総合病院におけるパイロット研究の結果 Negative pressure wound therapy in elective stoma reversal surgery: results of a UK district general hospital pilot

A.P. Shah*, R. Kurian, E. Leung
*The County Hospital, UK

Journal of Hospital Infection (2020) 104, 332-335

ストーマ逆転手術における局所陰圧閉鎖療法の役割については、依然として不明である。その役割について評価するために、後向き非無作為化単一施設パイロット研究を実施した。手術創閉鎖術の術式および単一ブランドの局所陰圧閉鎖療法デバイスの選択は、外科医の選好に任せた。介入群では創合併症をきたした患者はいなかったが、対照群では 36 例中 5 例が手術部位感染症に関連する合併症をきたした。1 次創閉鎖術および局所陰圧閉鎖療法の使用により、ストーマ逆転手術における創合併症が減少し、これにより病院および地域における創管理の負担が減少する。このことには費用削減における意義があるが、さらなる研究が必要である。

サマリー原文(英語)はこちら

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.