JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文
コロナウイルスの影響により一部、監修者のコメントおよびレーティングを未監修のまま掲載しておりますので、ご了承ください。

Clip to Evernote

中国の寝たきりの入院患者における尿路感染症の有病率、発生率およびリスク因子:前向き多施設共同研究

Prevalence, incidence, and risk factors of urinary tract infection among immobile inpatients in China: a prospective, multi-centre study

C. Zhu*, H. Liu, Y. Wang, J. Jiao, Z. Li, J. Cao, B. Song, J. Jin, Y. Liu, X. Wen, S. Cheng, X. Wu
*Chinese Academy of Medical Sciences & Peking Union Medical College, China

Journal of Hospital Infection (2020) 104, 538-544

背景
寝たきりの入院患者は尿路感染症(UTI)のリスクが高い。寝たきりの入院患者における UTI に関するさらなる疫学データが必要である。

目的
中国全域の病院 25 施設の寝たきりの患者における UTI について、有病率、発生率およびリスク因子を検討すること。

方法
本研究は全国的な多施設共同横断的調査である。我々は 3 次病院 6 施設、非 3 次病院 12施設、地域病院 7 施設を採用した。寝たきりの患者から入院期間中に、人口動態、臨床関連変数および UTI 特有の変数に関するデータを取得した。単変量解析および多変量解析を実施し、二項ロジスティック回帰分析を用いてリスク因子を特定した。

結果
寝たきりの患者 23,985 例のうち、393 例が UTI を有していた。寝たきりの入院患者における UTI の有病率と発生率は、それぞれ 1.64%(23,985 例中393 例)、1,000 患者日あたり 0.69 であった。カテーテル関連 UTI の感染率は、1,000 尿路カテーテル日あたり 2.25 であった。我々は、より長い寝たきりの日数、より長い入院期間、内科病棟にいること、留置尿道カテーテルの存在、長期間の留置カテーテル、グルココルチコイドの使用、女性、糖尿病、高年齢が、UTI の独立したリスク因子であることを確認した。

結論
寝たきりの患者は一般集団と同様の UTI のリスク因子を有していただけでなく、いくつかの追加のリスク因子も有していた。寝たきりの入院患者集団における UTI の管理には、より大きな注意を払う必要がある。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
寝たきり患者における尿路感染賞(UTI)の発生に関するリスク因子の同定であるが、従来のリスク因子としては、女性、UTI の既往歴、性活動歴、殺精子剤の使用、膣感染症、糖尿病、肥満に加えて尿道留置カテーテルの存在と長期留置は、よく知られている、本論文では、寝たきり患者においての新たなリスク因子として、長期臥床とステロイドの使用が同定された。しかしながら、UTI の起炎病原体や耐性菌等についての解析がなされていない。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.