JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文
コロナウイルスの影響により一部、監修者のコメントおよびレーティングを未監修のまま掲載しておりますので、ご了承ください。

Clip to Evernote

肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)カルバペネマーゼ(KPC)遺伝子獲得の危険因子および複数の菌種による臨床転帰

Risk factors for Klebsiella pneumoniae carbapenemase (KPC) gene acquisition and clinical outcomes across multiple bacterial species

A.J. Mathers*, K. Vegesana, I. German-Mesner, J. Ainsworth, A. Pannone, D.W. Crook, C.D. Sifri, A. Sheppard, N. Stoesser, T. Peto, A.S. Walker, D.W. Eyre
*University of Virginia Health System, USA

Journal of Hospital Infection (2020) 104, 456-468

緒言
カルバペネマーゼ産生エンテロバクター目獲得/感染症の危険因子および関連する臨床転帰は、菌種特有のクローン性アウトブレイクとの関連で評価されている。複雑な複数の菌種によるアウトブレイクの頻度が増加しつつあり、対応する分析は不足している。

方法
カルバペネマーゼ産生エンテロバクター目の厳密なスクリーニングプログラムにもかかわらず、肺炎桿菌(Klebsiella pneumoniae)カルバペネマーゼ(KPC)産生菌の複数の菌種の伝播が蔓延している米国の大学医療センターおよび長期急性期ケア病院の入院患者の電子カルテを用いて、KPC 産生菌獲得に関する症例対照研究を 2010 年 12 月から 2017 年 1 月に実施した。症例は、入院して 48 時間経過後に 培養でKPC 産生菌の初回陽性が確認された患者で、保菌者および感染者(カルテにより決定)を含めた。対照は、直腸周囲の KPC 産生菌スクリーニングで少なくとも 2 回培養陰性で、培養陽性が確認されなかった患者とした。KPC 産生菌獲得の危険因子、獲得後の初回感染症、各感染症発症後の 14 日死亡率について、多変量ロジスティック回帰分析により特定した。

結果
症例 303 例(89 例が 1 回以上の感染症を発症)および対照 5,929 例において、KPC 産生菌獲得の危険因子は、入院の長期化、輸血、複雑な胸部病変、機械的換気、透析、カルバペネム系薬・βラクタム/βラクタマーゼ阻害薬への曝露であった。1 カ所の部門において、他の KPC 産生菌保菌患者への曝露が獲得の唯一の危険因子であり、患者間の直接伝播は重要な影響を及ぼさないことが示唆された。15 菌種の KPC 産生菌が認められ、61 例(20%)で 2 種以上の菌種の保菌/感染症がみられた。尿路以外の KPC 産生菌感染後の 14 日死亡率は 20%(感染症発症 97 例のうち 20 例)で、感染源制御を達成できなかったことと関連した。

結論
医療との接触、抗菌薬、侵襲的手技が、KPC 産生菌の保菌/感染症のリスクを高めており、これらは、複数の菌種のアウトブレイクに対する感染制御介入のターゲットの候補となることが示唆される。患者間伝播のエビデンスは限られていた。

サマリー原文(英語)はこちら

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.