JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文
コロナウイルスの影響により一部、監修者のコメントおよびレーティングを未監修のまま掲載しておりますので、ご了承ください。

Clip to Evernote

クリミア・コンゴ出血熱ウイルスに起因する院内感染

Nosocomial infections caused by Crimean-Congo haemorrhagic fever virus

K. Tsergouli*, T. Karampatakis, A-B. Haidich, S. Metallidis, A. Papa
*Aristotle University of Thessaloniki, Greece

Journal of Hospital Infection (2020) 105, 43-52

クリミア・コンゴ出血熱は急性熱性疾患であり、出血症状を伴うことが多く、症例致死率が高い。原因病原体はクリミア・コンゴ出血熱ウイルスであり、主にダニの刺咬・ウイルス血症の患者や家畜の血液または組織の曝露によってヒトに伝播する。ヒトからヒトへの伝播は、通常は病院環境で起こり、医療従事者が主に感染する。病院環境におけるクリミア・コンゴ出血熱ウイルスの伝播の経路および環境を明らかにするために、クリミア・コンゴ出血熱ウイルスの院内感染に関するレビューを実施した。
1953 年から 2016 年に、アフリカ、アジア、ヨーロッパの 20 か国において、クリミア・コンゴ出血熱ウイルスによる院内感染症例 158 例が報告されている。ほぼ全例(92.4%)が有症状で、全体の症例致死率は 32.4%であった。大多数の症例(92.0%)は病院外来で感染し、10 例(8.0%)は検査室で感染した。症例の大半が医療従事者(86.1%)において発生し、面会者(12.7%)、入院患者(1.3%)と続いた。感染率が最も高い医療従事者は、看護職員(44.9%)、医師(32.3%)で、次いで検査室職員(6.3%)であった。主要な伝播経路は経皮的接触(34.3%)であった。皮膚への接触が症例の 22.2%を占め、エアロゾルへの曝露(近接)(18.2%)、間接的接触(17.2%)、患者環境への曝露(8.1%)と続いた。
クリミア・コンゴ出血熱ウイルスは、症例致死率が高い院内感染症を引き起こす可能性がある。クリミア・コンゴ出血熱患者のケアおよび治療の期間に、標準的な接触予防策、バリア予防策、空気予防策を適用すべきである。患者の安全性を改善し、医療関連クリミア・コンゴ出血熱ウイルス曝露を減らすためには、クリミア・コンゴ出血熱が鑑別診断に適切に加えられるように、医療従事者向けのガイドラインおよび教育が必要である。これにより、早期診断と感染予防策の実施が可能になるであろう。

サマリー原文(英語)はこちら

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.