JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文
コロナウイルスの影響により一部、監修者のコメントおよびレーティングを未監修のまま掲載しておりますので、ご了承ください。

Clip to Evernote

中国・武漢の医療スタッフにおける職業的な新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の伝播に関連する超因子

Super-factors associated with transmission of occupational COVID-19 infection among healthcare staff in Wuhan, China

Y. Wang*, W. Wu, Z. Cheng, X. Tan, Z. Yang, X. Zeng, B. Mei, Z. Ni, X. Wang
*Zhongnan Hospital of Wuhan University, China

Journal of Hospital Infection (2020) 106, 25-34

背景
世界的に医療スタッフにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症例は多いが、感染に関連する主要因子はよく分かっていない。

目的
中国の医療スタッフにおいて COVID-19 感染を引き起こしている超因子を特定すること。

方法
2020 年 1 月 1 日から 2 月 30 日の間に横断研究を実施し、COVID-19 患者の看護と治療に携わった最前線の医療スタッフを登録した。感染群と非感染群の疫学・人口統計学的データを収集し比較した。影響因子間の計量社会学的なソーシャルリンクを確立するため、社会ネットワーク分析を用いた。

結果
計 92 名の医療スタッフが登録された。すべての参加者群において、ネットワークにより特定された超因子は医療用防護マスクまたはサージカルマスクを正しく装着することであった(次数中心性 572、近接中心性 25、媒介中心性 3.23)。勤務中に頬、鼻、口に触れることは感染群における超因子であった。これはネットワークにおける最も大きなノードであり、最も強い影響を及ぼした(次数中心性 370、近接中心性 29、媒介中心性 0.37)。自己防護スコアは非感染群において超因子であったが、感染群においては孤立因子であった(次数中心性 201、近接中心性 28、媒介中心性 5.64)。家族にとっては華南海鮮卸売市場への曝露歴および野生動物との接触歴が 2 つの孤立ノードであった。

結論
高い自己防護スコアは医療スタッフが COVID-19 に罹患するのを防ぐ主要因子であった。医療スタッフにおいて COVID-19 感染に関与する主要因子は、勤務中に頬、鼻、口に触れることであった。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
「Super-factors」は、the core influencing factors と 説明されており、主要な関連因子、ノード(nodes)は本文では influencing factors と説明されており、関連因子と考えてよいと思われる。医療従事者にとって、マスクを正しく着用すること、手を自分の顔に近づけないことの重要性を再認識できた。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.