JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文
コロナウイルスの影響により一部、監修者のコメントおよびレーティングを未監修のまま掲載しておりますので、ご了承ください。

Clip to Evernote

陽圧換気ロビー室は保護隔離および感染源隔離に有効か?

Are positive-pressure ventilation lobby rooms effective for protective and source isolation?

T.T. Poovelikunnel*, A. Barakat, A. O’Hara, H.J. Humphreys, V. Newmann, A.F. Talento
*Beaumont Hospital, Ireland

Journal of Hospital Infection (2020) 106, 53-56

隔離室の陽圧換気ロビーに供給される超高性能ろ過空気は、保護隔離および感染源隔離の二重の利点をもたらしている。本研究では、患者の保護隔離に対する陽圧換気ロビー室の使用中の有効性を明らかにした。調査された陽圧換気ロビーの空気サンプル 48 件のうち、アスペルギルス・フミガーツス(Aspergillus fumigatus)が検出されたのはサンプル 1 件(2%)のみであった。陽圧換気ロビー室の局所的モニタリングおよび遠隔モニタリングは患者と医療従事者の安全に不可欠である。遠隔および使用場所での工学的制御は継続的な換気のモニタリングに不可欠であるが、一続きとなっている隔離室の目視検査によってこれを補完すべきである。他の制御策とともに定期的な微生物学的モニタリングも検討すべきである。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
免疫不全患者の患者ケアを行っている施設では参考になる論文である。特に病棟の改築計画がある場合は読むことをお薦めする。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.