JHIサマリー日本語版トップ

レーティング:[監訳者による格付け]
★★…是非読むことをお勧めする論文 ★…読むことをお勧めする論文
コロナウイルスの影響により一部、監修者のコメントおよびレーティングを未監修のまま掲載しておりますので、ご了承ください。

Clip to Evernote

オープンアクセスによりデータを共有する国内抗菌薬適正使用支援サーベイランスシステムの開発および実施★★

Development and implementation of a national antimicrobial stewardship surveillance system, with open access data sharing

D. Ashiru-Oredope*, E.L. Budd, A. Doble, E. Cramp, A. Hendrick, S. Hopkins
*Public Health England, UK

Journal of Hospital Infection (2021) 107, 16-22

背景
Public Health England は、抗菌薬適正使用支援サーベイランスシステムを開発し、NHS 病院トラストにより実施される抗菌薬適正使用支援監査のデータの一元的な収集の実施可能性について調べるために、国内パイロット試験を実施した。システムは簡素化され、国民保健サービス(NHS)による抗菌薬耐性(AMR)CQUIN(Commissioning for Quality and Innovation[質の向上とイノベーションのためのコミッション];財政的なインセンティブの質改善策)の要件に焦点を置いている。

目的
国内パイロット試験による結果と使用者のフィードバック、および AMR CQUIN の一環として抗菌薬適正使用支援サーベイランスシステムの使用による結果を提示すること。

方法
抗菌薬適正使用支援サーベイランスシステムを開発し、国内パイロット試験を実施したところ、33 の NHS トラストにより、システムの利用に関するデータおよびフィードバックが提出された。2016 年から 2017 年の AMR CQUIN の抗菌薬適正使用支援データを収集するために、フィードバックに基づきシステムを改良し、国内に設置した。

結果
パイロット試験に参加したトラストの大部分が、抗菌薬適応の記録に関するデータを収集した(90%)。48 時間から 72 時間以内の再検討の決定について記録したデータを収集したトラストは少なかった(36%)。平均して、患者の 83%で抗菌薬適応が記録され、一方では、患者の 71%で 48 時間から 72 時間以内の再検討に関する正式な記録があった。2016 年から 2017 年の少なくとも第 1 四半期に、AMR CQUIN のデータがトラストの 88%により提出された。処方の約 92%で抗菌薬適応が記録され、処方の 87.5%で 72 時間以内の再検討の根拠が示された。これらの割合は、第 1 四半期から最終四半期の間に、それぞれ 7%ポイント、10%ポイント増加した。

結論
抗菌薬適正使用支援サーベイランスシステムにより、英国の NHS トラストからの抗菌薬適正使用支援監査データが一元的に収集できるようになった。Public Health England は、これらのデータを PHE Fingertips ポータル(英国公衆衛生データポータル)によりオンラインで公表する。報告されたデータは、抗菌薬処方の割合の改善とともに 72 時間以内に記録された再検討の根拠を明らかにしている。

サマリー原文(英語)はこちら

監訳者コメント
抗菌薬適正使用支援サーベイランスシステムの国レベルでの取り組みは、国際的に同時進行している。我が国においても、AMR リファレンスセンターを中心として様々な取り組みがなされており、耐性菌抑止のためにはフィードバックされたデータをもとにさらなる改善が求められる。

JHIサマリー日本語版トップ

サイト内検索

Loading

アーカイブ

最新のコンテンツ

Reproduced from the Journal of Healthcare Infection, Volume 91, © 2015 The Healthcare Infection Society, with permission from Elsevier.
Although the translation was carried out with the permission of Elsevier, the translation has not been reviewed by Elsevier prior to posting online.