1. MICKS HOME  > 
  2. 新着情報  > 
  3. ヘッドラインニュース一覧  > 
  4. 【英国HPWRトピックス】2014年6月6日 No.22 Volume8

【英国HPWRトピックス】2014年6月6日 No.22 Volume8

■『重度のレンサ球菌感染症に対する遺伝的感受性についての研究を開始』

Study of genetic susceptibility to severe streptococcal infection launched

オックスフォード大学、Public Health England(英イングランド衛生公衆サービス(PHE))、ロンドンインペリアル・カレッジは、重度のレンサ球菌感染症に対する遺伝的感受性についての新たな研究を開始した。この「Step Gene」研究では、将来のために提案された手法や、重度のレンサ球菌感染症を考慮した病原体とホストの距離についての総合的な研究について家族や生存者に意見を聴くことにしている。
※Public Health England:英イングランド衛生公衆サービス


■『小学校におけるインフルエンザワクチンのパイロット試験の効果及び評価について』


Impact of flu vaccine pilots in primary schools assessed


Eurosurveillance誌の記事は2012年より予防接種合同委員会の勧告により17歳未満2歳以上の子供に対して実施されたインフルエンザワクチンのパイロット試験は高評価であることを伝えた。2014年の9月より、2歳から4歳までの全ての子供がワクチン接種の対象になる。