1. MICKS HOME  > 
  2. 新着情報  > 
  3. 新着情報一覧  > 
  4. CDC最新ガイドライン 隔離予防策2007

CDC最新ガイドライン 隔離予防策2007

~The Guideline for Isolation Precautions:Preventing Transmission of Infectious Agents in Healthcare Settings, 2007 ~

2007年6月27日付けでCDC(米国疾病管理予防センター)から最新のガイドラインがリリースされました。1996年にリリースされたガイドラインに新たに加えられた項目概要は以下の通りです。

【Part1】
・2003年SARSアウトブレイクに基づくバイオエアロゾルによる感染の議論

・多剤耐性有機体:クロストリジウムディフィシル

・特別な感染対策を要する病原体:ノロウィルス、SARS、サル痘、プリオン、バイオテロ細菌、出血熱等

【Part2】
・手指衛生、バリアプリコーション、安全作業実践、隔離実践に関する更新情報の追記

・医療管理者(感染管理プロフェッショナルスタッフ、質やレベルの高いナース)が感染リスクをコントロールすることに大いに寄与する。

【Part3】
・接触・飛沫感染症患者の病室へ入出する際のPPE(グローブ、マスク、ガウン等)装着について

用語の変遷

1)『院内感染』という用語は病院内で獲得された感染のみに使用され、『医療施設関連感染(HAI)』

という用語は医療に関わる施設全てに関連する感染を指すときに使用される。

2)『呼吸衛生/咳エチケット』は医療施設内でのファーストコンタクト時に実施する感染制御であり、医療施設職員・患者・訪問者全てに適応される。

3)『空気感染隔離空間(AIIR:Airborne Infection Isolation Roomの略)』という用語が医療施設内感染制御ガイドライン・結核感染制御ガイドライン(2005)・アメリカ建築協会(AIA)ガイドライン(2006)の各ガイドラインとの一貫性を保つために従来の「空気感染予防策」に新たに付け加えられた。

4)『防護環境』という用語がHAI制御のための予防策に付け加えられており、同種血液幹細胞移植(HSCT:Hematopoietic Stem Cell Transplantの略)患者に対する真菌暴露リスクを減少させるために建築工事の管理や設計そのものへの介入がベースになっている。

関連リンク

SARSの疑いのある患者の処置