1. MICKS HOME  > 
  2. 新着情報  > 
  3. 新着情報一覧  > 
  4. ノロウィルス特集

ノロウィルス特集

ノロウイルスはその殆どが経口から感染します。
汚染された手指を介して感染が拡散することから効果的な手洗いがもっとも重要な感染対策となります。

ノロウイルスに関しては、アルコールの消毒効果が実証されていないことから、手指の汚染除去はアルコール手指消毒剤行うのではなく、流水による手洗いが望ましいと考えられます。

また、ノロウィルスは便に多く存在することから便・尿の取扱いをする際には充分な注意が必要です。ケアや処置を行うスタッフは適切な個人防護具PPE(グローブマスクプラスチックエプロンゴーグル等)を装着し、処置が終われば速やかに廃棄して手をよく洗ってください。

関連対策としてはベッドパンウォッシャーによる便・尿器の自動洗浄・消毒再生処理方法があります。汚物に直接手を触れずに便・尿器を安全且つ効果的に再生できるシステムです。また、排泄物や吐物で汚染されたリネン類も重大な感染源となりますので、これらの取扱いにも注意が必要です。

発生現場で水溶性ランドリーバッグ・アクアフィルムに封入し、熱水洗濯機で汚染除去すれば、途中経路で汚染が拡散するリスクを防ぐことが可能となります。

関連リンク

個人防護具PPEの正しい選び方
ノロウィルスの疑いのある患者の処置
正しい手洗いを実践するための評価・トレーニングキット

関連ガイドライン情報

■厚生労働省 高齢者施設におけるノロウィルス由来感染症について
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/040204-1.html

■社会福祉施設等におけるノロウィルス対応標準マニュアル(第3版)
東京都健康安全研究センターにて「社会福祉施設等におけるノロウィルス対応標準マニュアル」(第3版)が作成されました。福祉施設における感染対策の基本となるマニュアルです。下記のサイトよりダウンロードできます。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/micro/noro_050120.html

■東京都感染性胃腸炎(ノロウイルス)防止講習会スライド資料
ノロウィルス対策講習会用のスライドもダウンロードできますので、是非、ご活用下さい。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/micro/noro_050120.html

・国立感染症研究所
・IDWR(感染症発生動向調査週報) ノロウイルス感染症
ノロウィルスの属性をより深く解説してあります。
http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k04/k04_11/k04_11.html

・IASR(病原微生物検出情報)ノロウィルス感染集団発生2000.1~2003.10

細菌のノロウィルスの集団感染の事例が記載されています。
http://idsc.nih.go.jp/iasr/rapid/index-kv.html

■CDC(米国疾病管理予防センター)
・Norovirus Q&A etc.(ノロウィルス Q&A他)
http://www.cdc.gov/ncidod/dvrd/revb/gastro/norovirus.htm

・Norwalk-Like Viruses
Public Health consequence and Outbreak Management (MMWR)
ノーウォーク様ウイルス(ノロウイルス)公衆衛生に対する影響およびアウトブレークマネージメント
このレポートでは吐物時のエアロゾル、Waterborne(水経由 ex.お風呂等)によるノロウィルスの感染が報告されています。
http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/rr5009a1.htm

■HPA(英国健康保護局)
・Norovirus Q&A etc.(ノロウイルス Q&A)
http://www.hpa.org.uk/infections/topics_az/norovirus/menu.htm