1. MICKS HOME  > 
  2. PPEナビ  > 
  3. エプロン・ガウン・全身カバーオールのPPE個人防護具ナビ

エプロン・ガウン・全身カバーオールのPPE個人防護具ナビ

解説

エプロン、ガウンには大きく2つの目的があります

  1. 接触や飛沫による汚染から着用者を守ること。
  2. 汚染されたエプロン/ガウンを患者ごとに交換することにより汚染された衣類を介しての交差感染から患者を守ること。

通常の処置(未滅菌)

病棟、クリニック、血液・体液の曝露するリスクと範囲が比較的低い処置

プラスチックエプロン

プラスチックエプロン(1)

標準予防策。スタンダード・プリコーションに基づき、血液や体液、排泄物から医療従事者を防護。


血液・体液の曝露が広範囲に予想される処置(未滅菌)

マタニティ・ER等での日常的な処置、疥癬患者のケアが予想される場合 またノロウィルス(感染性胃腸炎)の患者を処置する場合

プラスチックガウン

プラスチックガウン(1)

血液・体液等の曝露が著しい部署や処置、疥癬患者のケアの際、特に特に抱き上げる等、アーム部の接触が考えられる場合。体の前面が覆え、十分な長さがあります。


外来菌による感染を防ぐ(滅菌)

手術、無菌の領域(清潔野)での処置

血液・体液等の多量曝露が予想される場合は防水レベルのバリア性能のある製品を使用する

ハイリスクな特別感染症患者の処置医療用全身防護服

SARS、H5NI(新型インフルエンザ/鳥インフルエンザ)、ノロウィルス(感染性胃腸炎)の患者を処置

ハイリスクの患者との接触が想定される時に着用することが推奨される 液体、ケミカル体性、微粒子防御性能に優れた素材が望ましい。


全身カバーオール

全身カバーオール(1)

ハイリスクな特別感染症患者の処置に使用する全身防護服。通常シューカバーと併用。新鮮エアーを送風可能なPAPRと併用も可能。


関連情報

院内感染対策に関するご相談はこちら