1. MICKS HOME  > 
  2. PPEナビ  > 
  3. マスク・レスピレーターナビ

マスク・レスピレーターナビ

解説

マスクには大きく2つの目的があります。

  1. 着用者の呼気中に含まれる微粒子(病原性微生物)を外に出さぬよう遮断し、患者を守ること。
  2. 飛沫する病原性微生物から着用者を守ること。

また、N95マスクのように顔面への密着度を高め、かつ高いろ過能力を有して外部からの空気汚染を遮断することに特化したマスクをレスピレーターと呼びます。

着用者の呼気中に含まれる微生物等から患者を守ることを主目的にしたサージカルマスクに対し、レスピレーターは、高度の捕集効率と顔面への密着度を重視して設計され、着用者の呼吸器感染リスクを軽減することを目的としています。


通常の処置

診察時に看護師・患者両方、埃の吸い込みや感染源の接触という広範囲のリスクに対応するために装着

処置用マスク(サージカルマスク)

処置用マスク(サージカルマスク)(3)

マスクをしたまま会話ができます。機能としてプラスチック・ノーズワイヤーを備えたものや、防水、ラテックス・フリー機能を備えた製品があります。


空気感染が予想される処置

結核・SARS・H5N1(新型インフルエンザ/鳥インフルエンザ)などの場合

処置だけでなく、部屋に入室する際は、常にマスクを適用

ゴーグル・フェイスシールド、ガウンは常に同時着用


N95マスク

N95マスク(3)

高度の捕集効率と顔面への密着度を重視して設計され、着用者の呼吸器感染リスクを軽減することを目的としています。


FFP3マスク

FFP3マスク


PAPR

PAPR(1)

聴診器の使用も可能。新鮮エアーを送風。空気感染暴露リスクの高い現場での、長時間作業に適しています。


血液・体液の曝露が予想される処置

外科・手術用、褥創患者洗浄処置などの場合

飛沫からの防御なので、ゴーグル等のアイシールドとの併用が基本

体液防御マスク

体液防御マスク(3)

血液・体液等に曝露する、または曝露する可能性のある処置の場合に適用。


関連情報

院内感染対策に関するご相談はこちら