1. MICKS HOME  > 
  2. PPEナビ  > 
  3. マキシマルバリアプリコーション(高度無菌遮断予防策)

マキシマルバリアプリコーション(高度無菌遮断予防策)

中心静脈カテーテル(CVC)を留置する処置の場合

手の衛生に加え、帽子、マスク、滅菌ガウン、滅菌グローブ、大型の滅菌ドレープを用い、患者を感染から守るため、無菌操作すること。

CVC挿入時にマキシマルバリアプリコーションを講ずることで、標準的な予防策に比べてCRBSI(血管内留置カテーテル関連血流感染)の発生を低減できる。
PICC(末梢挿入型中心静脈カテーテル)や中間カテーテル挿入時のこのような予防措置の効果についての研究は行われていないが、PICCについても、上記のマキシマルバリアプリコーションを適用することが望ましい。

Guidelines for the Prevention of Intravascular Catheter-Related Infections CDC, 2002

関連情報

院内感染対策に関するご相談はこちら