1. MICKS HOME  > 
  2. PPEナビ  > 
  3. 国立感染症研究所の推奨するPPEの種類と考え方

国立感染症研究所の推奨するPPEの種類と考え方

    グローブ 2重グローブ エプロン ガウン ヘッドカバー又は帽子 サージカルマスク N95マスク ゴーグル又はフェイスシールド 長靴又はシューカバー
平時
国内に発病者なし
一般患者の問診           ※1      
一般的な呼吸器症状を有する患者の診察                
国内発生時
国内に発病者あり
一般患者の問診 ※2              
一般的な呼吸器症状を有する患者の診察 ※2              
要観察例 対面調査・問診     ※4    
通常の診察     ※4    
搬送 ※3   ※4    
侵襲的処置(体液飛散の可能性あり)※5    
接触者リストアップ 対面調査          
発病者
疑似症以上
対面調査・問診     ※4    
通常の診察     ※4    
搬送 ※3   ※4    
侵襲的処置(体液飛散の可能性あり)※5    

※1.インフルエンザシーズンには着用する
※2.パンデミックフェーズが5b以降となり、国内に相当数の新型インフルエンザ発生者がみられている場合に着用する△:必要に応じて現場で判断する
※3.患者が歩行可能等自分で移動できる場合は、グローブは1枚のみでもよい
※4.毛髪がガウンまで垂れ下がったり、あるいはマスク・ゴーグル装着の際に毛髪がじゃまになる場合等には装着
※5.侵襲的処置には、気管内挿管、気道からの検体採取、気管内吸入等の経気道処置も含まれる

国立感染症研究所感染症情報センターより

関連情報

院内感染対策に関するご相談はこちら