1. MICKS HOME  > 
  2. PPEナビ  > 
  3. 特別な腰椎穿刺手技での感染制御策

特別な腰椎穿刺手技での感染制御策

脊髄処置(腰椎穿刺、脊椎麻酔など)後に患者が細菌性髄膜炎になることが以前から報告されており、脊椎処置時のマスク着用の必要性が以前から議論されていましたが、今回のガイドライン改訂に伴い、マスクの装着で口腔咽頭飛沫の散布を制御させることに有効であり、脊椎処置時にはマスクの着用が推奨されています。

ガイドラインでは、ミエログラム、腰椎穿刺、脊椎麻酔または硬膜外麻酔などを行う際には外科用マスクを装着することが勧告されています。

関連情報

院内感染対策に関するご相談はこちら