1. MICKS HOME  > 
  2. 院内感染リサーチ  > 
  3. 2006年の院内感染リサーチ  > 
  4. vol.01 患者さんが興味を持っている院内感染の疾病別ランキング
Clip to Evernote

vol.01-01 概要

ごあいさつ

『特集:患者さんが興味を持っている院内感染の疾病別ランキング』

皆さま、こんにちは!日々、感染対策をいかに効果的に実践し、組織を動かし患者さん方に貢献できる か・・・と戦っておられる皆さまとこのコーナーを通して考えていきたいと思います。ところで、患者さん方 は院内感染について、どの程度ご存じなのか?私たちが、“インフオームドコンセントインフオームドコンセント”なんて言っているなんて言っている割には、実はここのところを知らないのが現実かも知れません。第1回目は、患者さん方がどの程度院 内感染や感染症をご存じなのかに焦点をあててみました。

院内感染と言う言葉をご存じですかという問いに93.8%の人が何らかの方法で知っていると答えていまの人が何らかの方法で知っていると答えていますし、聞いた事はあるが意味は知らないと答えた方をあわせると99.3%が知っていると言うことになりまが知っていると言うことになります。正しい情報を私たちが提供しているか否かは別として、患者さん方は、ご存じなんやなぁとちょっと驚いてしまいました。

8割以上の方はマスメデイアから情報を得ているようです。情報公開の影響もあり、そう言えば、新聞 やテレビでよく報じられるようになりました。でも、見逃せないのが家族や知人で院内感染にかかった事 で知ったと答えた5.5%の方々です。その方達は、どんな感染症に興味を持っているのでしょうか。グラフの方々です。その方達は、どんな感染症に興味を持っているのでしょうか。グラフを見て頂くと、明らかにMRSAと答えています。今やと答えています。今やMRSAは常在菌化していると言うご意見もある中は常在菌化していると言うご意見もある中 で、サーベイランスシステムの構築も整備されていない現状を考えると、感染管理を行う立場としては 痛いところです。では、ひとつひとつグラフを見てみましょう。

永広会 はぁとふるグループ 感染管理認定看護師:森下 幸子

院内感染対策に関するご相談はこちら