1. MICKS HOME  > 
  2. 院内感染リサーチ  > 
  3. 2006年の院内感染リサーチ  > 
  4. vol.01 患者さんが興味を持っている院内感染の疾病別ランキング
Clip to Evernote

vol.01-04 興味をもっている「院内感染」の疾病

「院内感染」という言葉についてお聞きします。 あなたが、興味をもっている「院内感染」の疾病をお選びください。

【全体】調査結果

院内感染の興味は「C型肝炎」「インフルエンザ」「結核」

TOTAL n=3504
1位 C型肝炎 55.8
2位 インフルエンザ 50.9
3位 結核 42.8
4位 MRSA 39.8
5位 B型肝炎 37.3
6位 エイズ 20.9
7位 疥癬(かいせん) 7.5
8位 VRSA 5.0
9位 VRE 3.6
  その他(ノロウィルス、SARS 、水虫、皮膚疾患、肺炎、腸炎、など) 2.3

院内感染の興味は、1位「C型肝炎」55.8%、2位「インフルエンザ」50.9%、3位「結核」42.8%となった。

【男女別・年齢別】調査結果

若年令層は「インフルエンザ」

vol.01-04 興味をもっている「院内感染」の疾病

院内感染の興味を性・年令別に見ると、若年令で「インフルエンザ」が高い。(高年令層は「C型肝炎が1位)「結核」は20代、60代で関心を持たれており、30~50代の中間年令では「MRSA」や「B型肝炎」の方が気になっている様子がうかがえる。「疥癬」「MRSA」「VRE」は、どの年令層でも順位は低く、あまり興味を持たれていない(あるいは認知されていない)。

【エリア別】調査結果

北海道・東北で「結核」に興味

vol.01-04 興味をもっている「院内感染」の疾病

院内感染の興味をエリア別に見ると、北海道や東北で「結核」への興味が高く、逆に中国・四国・九州などの南エリアでは低めの傾向がでている。「C型肝炎」や「インフルエンザ」は、特にエリア別の大きな傾向は見られない。

【認知度別】調査結果

「院内感染にかかった、または家族・知人などかかった」人は「MRSA」に興味

vol.01-04 興味をもっている「院内感染」の疾病

院内感染の認知状況別に見ると、「院内感染にかかった、または家族・知人などかかった」人は「MRSA」を気にしている。他の疾病への興味関 心度は特に高くなく、院内感染を身近に体験した人が、いろいろな疾病感染を気にしているわけではない。

院内感染対策に関するご相談はこちら