1. MICKS HOME  > 
  2. 院内感染リサーチ  > 
  3. 2006年の院内感染リサーチ  > 
  4. vol.11 患者さんが期待する感染率の公表編
Clip to Evernote

vol.11-03 感染率の公表への期待度

病院や医院(歯科を含む)が院内感染に対する取り組みを告知することについて、お聞きします。感染率の公表について、あなたはどの程度期待しますか?

【男女別】感染率の公表 期待度

感染率の公表について、男女とも高い期待をしている!!

vol.11-03 感染率の公表への期待度

「院内感染による感染率を広く社会に公表すること」に対し、期待する(「とても期待する」+「まあ期待する」)との回答は、男性が85.6%、女性が90.7%であった。男女とも多くの方が期待をしていることがわかった。

また、強い期待を示す「とても期待する」と回答した女性は男性より若干多い傾向にある。(男性:51.0%、女性59.2%)

【男女別・年齢別】感染率の公表 期待度

男性20~29才以外は、全ての性年代で8割以上の方が感染率の公表に期待あり!

vol.11-03 感染率の公表への期待度

性・年代別に見たとき、男性20~29才以外の全ての性・年代で8割以上の方が期待する(「とても期待する」+「まあ期待する」)と回答している。

【受診や治療での院内感染についての不安経験】感染率の公表 期待度

院内感染不安経験があるほど、感染率の公表に対する期待は高い!!

vol.11-03 感染率の公表への期待度

院内感染不安経験が「よくあった」・「時々あった」方は、90%以上の方が期待する(「とても期待する」+「まあ期待する」)と回答しており、不安経験があればあるほど期待度は高くなる傾向が見られる。

ただし、院内感染不安経験が「全くなかった」・「ほとんどなかった」方の80%以上の方が期待するとしており、不安経験がない方でも公表への期待は決して低くはないことがわかった。

院内感染対策に関するご相談はこちら