1. MICKS HOME  > 
  2. 院内感染リサーチ  > 
  3. 2006年の院内感染リサーチ  > 
  4. vol.12 院内感染の取り組みが患者の病院選定基準に占める割合編
Clip to Evernote

vol.12-02 【全体】 患者の病院選定基準にしめる割合

あなたが、病院を選ばないあるいは変更する理由があるとすれば、それはどんな時ですか?

【全体】調査結果

対応の悪い医療機関や、納得できない治療方法の医療機関は選ばれない!!

vol.12-02 【全体】 患者の病院選定基準にしめる割合

医師・看護師の対応が悪い病院を選択しない・あるいは病院を変更すると回答した方が73.7%と極めて高い割合となっている。ついで高い基準は「病院の治療方法に不満だから」は61.5%、「治療方法の説明が徹底されていなから」は48.0%となっており、治療方法について患者さんに納得してもらう努力を怠っていると、多くの患者さんを失いかねない医療機関の状況が伺える。
また、「院内感染対策が徹底されていないから」と回答した方は21.1%と、5人に1人の患者さんが「院内感染対策が不徹底だ」と思った医療機関を選ばない・医療機関を変更するとしている。

院内感染対策に関するご相談はこちら