1. MICKS HOME  > 
  2. 院内感染リサーチ  > 
  3. 2006年の院内感染リサーチ  > 
  4. vol.12 院内感染の取り組みが患者の病院選定基準に占める割合編
Clip to Evernote

vol.12-04 【性・年代別】 患者の病院選定基準にしめる割合

あなたが、病院を選ばないあるいは変更する理由があるとすれば、それはどんな時ですか?

医師・看護師の対応の悪さ

全ての性・年代で、6割以上が医師・看護師の対応の悪い医療機関は選ばないとしている!

vol.12-04 【性・年代別】 患者の病院選定基準にしめる割合

全ての性・年代で6割以上が、「医師・看護師の対応が悪い」病院を選択しない・あるいは病院を変更するとしている。特に女性の20~39才の8割超が基準にすると回答しており、女性の若年層にとって極めて重要な選定基準であることがわかる。

病院の治療方法が不満

全ての性・年代で、治療方法に不満がある医療機関は選ばない方が過半数!

vol.12-04 【性・年代別】 患者の病院選定基準にしめる割合

全ての性・年代で過半数の方が「治療方法が不満」な病院を選択しない・あるいは病院を変更するとしている。
特に女性40~49才は7割超となっており、他性年代よりも多くの方が選定基準としていることがわかった。

治療方法の説明が不徹底

女性30代以上の過半数が、治療方法の説明の不徹底な医療機関は選ばない!

vol.12-04 【性・年代別】 患者の病院選定基準にしめる割合

性・年代別に見ると、治療方法の説明が徹底されていない病院を選択しない・あるいは病院を変更すると回答した方が、女性30代以上では過半数となっている。
また、同年代の男性よりも女性において傾向が強いことがわかる。

院内感染対策が不徹底

男女とも高年齢層になるにつれ、院内感染対策を選定基準にする割合増加!!

vol.12-04 【性・年代別】 患者の病院選定基準にしめる割合

院内感染対策が徹底されていないと思われる医療機関を選択しない・あるいは病院を変更すると回答した方は、男性よりも女性の方が全ての年代で高くなる。
また、一部の年代(男女とも40代・50代では同程度)を除いて、男女とも年代に比例して高くなる傾向がある。

院内感染対策に関するご相談はこちら