1. MICKS HOME  > 
  2. 院内感染リサーチ  > 
  3. 2006年の院内感染リサーチ  > 
  4. vol.12 院内感染の取り組みが患者の病院選定基準に占める割合編
Clip to Evernote

vol.12-07 【場所別】 医療機関で院内感染不安を感じた経験

あなたが、医療機関で治療を受けた際に院内感染対策について「不安を感じた」ことについて、具体的に教えてください。

出現ワード

院内感染の不安を感じる場所として圧倒的に多かったのが「待合室」!

「場所」関連で出現が多かったワード
待合室572s
病室155s
トイレ等86s
設備(いす・ドア等)66s
診察室36s
廊下・通路30s

色々な病気の人が集まる「待合室」は感染不安経験が多い。
他には「病室」や「トイレ」など。

【場所別】院内感染不安経験の一例

「待合室」

・色々な病気の人が集まっている。
・感染性の病気の疑いの患者を隔離していない。
・小児科待合でも「はしか」と「水疱瘡」が一緒に待つ。
・空気清浄されてない。
・健康診断と病気の人の待合が同じ。
・インフルエンザが流行っている時期は危険。
・不特定多数の患者や外来が自由に行き交っている。
・喫煙・禁煙は分離するのになにかおかしい。

「病室」

・相部屋で感染症の人と同室、感染の不安。
・掃除が雑、不衛生。
・見舞い客の出入りが自由、消毒もしていない。
・空気が悪い、換気がない。
・寝たきりの患者の排便処理が不適切。

その他

・トイレが汚い、不衛生。ペーパータオルの設置がない。
・ドア、取っ手、エレベーターホールや院内喫茶店・レストランも怖い。
・診察台のシーツが汚れている。
・子供が床に寝転がっている。
・隔離していてもはしか・水疱瘡・おたふく・インフルエンザ同じ部屋。意味が無い。

院内感染対策に関するご相談はこちら