1. MICKS HOME  > 
  2. 院内感染リサーチ  > 
  3. 2006年の院内感染リサーチ  > 
  4. vol.12 院内感染の取り組みが患者の病院選定基準に占める割合編
Clip to Evernote

vol.12-08 【感染経路別】 医療機関で院内感染不安を感じた経験

あなたが、医療機関で治療を受けた際に院内感染対策について「不安を感じた」ことについて、具体的に教えてください。

出現ワード

院内感染経路として不安経験が多いのは治療器具!

「経路」関連で出現が多かったワード
器具(注射器・手袋等)354s
空気清浄・空気感染・換気など175s
備品(本・雑誌・スリッパ・シーツ等)117s
設備(いす・ドア等)66s

感染経路では、注射器や使い捨て手袋、その他「治療器具」の取り扱いに関して院内感染不安経験が多い。
また待合室や病室などでの「空気」による飛沫感染や空気感染、本やスリッパなど病院の「備品」からの接触感染に関しても不安経験が目立つ。

【感染経路別】院内感染不安経験の一例

「器具」

・手袋をせずに素手で診察。
・胃カメラを十分消毒していないことを目の当たりにした。
・治療室内に使用済注射針が落ちていた。血のついた綿が落ちていた。
・歯科医で個人ごとに手袋を替えてくれない。
・注射時消毒用脱脂綿を使い回していた。

「空気」

・待合室の空気が悪い。
・病院なのに空気清浄機もない。
・空気感染に対する対策が感じられない。

「備品」

・スリッパで水虫が移った。
・おもちゃや本などが待合室に置いてある病院が多いが、管理がいい加減。不衛生な物を置くくらいならいっそ何も置かないで欲しい。
・看護師の看護衣に血液付着していたのに他の患者の処置していた。

「設備」

・ドアの取っ手や待合室のソファーなどは見落とされてるような気がする。

院内感染対策に関するご相談はこちら