1. MICKS HOME  > 
  2. 院内感染リサーチ  > 
  3. 2006年の院内感染リサーチ  > 
  4. vol.12 院内感染の取り組みが患者の病院選定基準に占める割合編
Clip to Evernote

vol.12-13 おわりに

いかがでしたか?

患者さんからの自由回答で、私がドキッとしたコメントを列記します。

・感染性の病気の疑いの患者を隔離していない (おっしゃる通りでございます。トリアージを徹底しましょう)

・胃カメラを十分消毒していないことを目の当たりにした。 (内視鏡学会や内視鏡技師学会のガイドラインに基づき、正しい洗浄と消毒を!)

・診察ごと・患者ごとに、手を洗わない医師・看護師

・ゴム手袋の交換,あるいは患者ごとの手の消毒が出来ていないこと。 (患者さんは、よく見ています。すみません、徹底するように強く!!指導します)

・母がMRSAに感染、説明として、高齢(87歳)だからだと言われた。 (説明不足、誠意のない態度では相手に伝わらない・・・説明する能力のアップも私たちには  求められていると思います)

・知人が歯科で肝炎に感染。器具が清潔でなかったのでは。 (こういう不安を与えないためにも、正しい感染対策を継続的に行わなあかんねん)

最後まで、おつきあい、いただきありがとうございました。待って!待って! このコンテンツは継続ですので、今年の調査結果を楽しみに?待ちましょう~では!

院内感染対策に関するご相談はこちら