1. MICKS HOME  > 
  2. 院内感染リサーチ  > 
  3. 2006年の院内感染リサーチ  > 
  4. vol.02 ご自身・家族への院内感染の不安を感じた経験
Clip to Evernote

vol.02-02 院内感染の不安経験

あなたは、今までにご自身の受診や治療のために行った病院や医院(歯科を含む)で、院内感染(院内で新たな病気に感染してしまうこと)について不安を感じた経験がありますか?

【全体】調査結果

自分自身の受診や治療で院内感染の不安に感じたことがあった 37.1%!

vol.02-02 院内感染の不安経験

自分自身の受診や治療で院内感染の不安を感じたことが「よくあった」人は5.5%、「 時々あった」人は31.6%。あわせて37.1%の不安経験率となっており、約4割の人が院内感染の不安を感じた経験を持っている。

【年齢別】調査結果

30代で高い院内感染不安経験率!

vol.02-02 院内感染の不安経験

院内感染の不安経験率を年齢別に見ると、30代で高くなっている。(「よくあった」+「時々あった」あわせて41.9%)
若年齢層と比べて、50代・60代の方が、病院・医院にかかる頻度は高いと想定されるが、院内感染の不安を感じた経験率は30代のほうが高くなっている。この年代層を中心として「院内感染」を敏感に意識している状況が感じられる。
逆に若年層は情報が少なく認知も低いため、不安を感じないのではないだろうか。

【エリア別】調査結果

全国的に院内感染の不安を経験!

vol.02-02 院内感染の不安経験

エリア別に見ると、どの地域においても3割~4割の院内感染不安経験者がおり、全国的な状況であることがうかがえる。
他のエリアと比較して、東海や四国で「よくあった」の率が、やや高くなっている。

院内感染対策に関するご相談はこちら