1. MICKS HOME  > 
  2. 院内感染リサーチ  > 
  3. 2006年の院内感染リサーチ  > 
  4. vol.05 感染対策ここが気になるシリーズ:シングルユース
Clip to Evernote

vol.05-09 必要なときに、エプロンを装着することへの期待度

治療を受けるときに医師や看護師が使い捨てタイプのエプロンを装着することについて、あなたはどの程度期待しますか?

【全体】調査結果

治療など必要なときに、エプロンを装着することは6割の人が期待!

vol.05-09 必要なときに、エプロンを装着することへの期待度

必要なときに、エプロンを装着することを、院内感染防止の取り組みとして「とても期待する」は26.0%、「まあ期待する」は36.3%で、あわせて62.3%の人が期待している。

【男女別・年齢別】調査結果

女性の3割が「とても期待する」と強く期待している。

vol.05-09 必要なときに、エプロンを装着することへの期待度

治療など必要なときに、エプロンを装着することを、院内感染防止の取り組みとして「とても期待する」男性23.2%に対し、女性は28.8%と、特に女性からの強い期待が伺える。

【院内感染不安経験別】調査結果

院内感染の不安経験が少しでもある人(「よくあった」~「ほどんどなかった」)は、6割以上が治療など必要なときにエプロンを装着することを期待!

vol.05-09 必要なときに、エプロンを装着することへの期待度

院内感染不安経験別に見ると、「よくあった」人の72.2%、「時々あった」人の66.8%、「ほとんどなかった」人の60.3%と、6割以上の人が期待をしている。(「とても期待する」+「まあ期待する」)
院内感染防止の取り組みとして必要なときに、エプロンを装着することに対する期待度は、院内感染不安経験があった人ほど高くなる傾向がある。

院内感染対策に関するご相談はこちら