1. MICKS HOME  > 
  2. 院内感染リサーチ  > 
  3. 2006年の院内感染リサーチ  > 
  4. vol.06 感染対策ここが気になるシリーズ:内視鏡・手術器具再生編
Clip to Evernote

vol.06-01 概要

ごあいさつ

大阪は、とても暑い日々が続いております。私は、冷房の中で働くことができる喜びをかみしめつつ過ごしております。皆さまはいかがでしょうか?

さて、今回のテーマは洗浄・消毒・滅菌に関連することについて、患者さんたちはどのように感じているのかの調査結果です。『適切に』という言葉を見ると、本当に『適切に』洗浄するとは、どういう事だろうか・・と考えてしまいます。 当然、定められた方法で基準通りにしなければならないのですが、『できているはず』と『できている』とは大違いです。 当病棟の今年の七夕の笹には、「安全な手術が受けられますように」とか「手術が無事に成功しますように」と患者さん達が書かれたものが目立ちました。

なんだか、それを読んだときにとても心が熱くなりました。

祈るようなその患者さんの気持ちを、かなえる為には手術に使用する器械器具の洗浄、消毒、滅菌は欠かせないものです。 調査結果も、6割の方々が『適切に』洗浄、消毒、滅菌されているか気にしており、9割以上の方が期待しています。

さぁ、詳細を見ていきましょう

永広会 はぁとふるグループ 感染管理認定看護師:森下 幸子

院内感染対策に関するご相談はこちら