1. MICKS HOME  > 
  2. 院内感染リサーチ  > 
  3. 2006年の院内感染リサーチ  > 
  4. vol.06 感染対策ここが気になるシリーズ:内視鏡・手術器具再生編
Clip to Evernote

vol.06-11 おわりに

いかがでしたか?

調査結果を見てみると「あたりまえっちゅうたら、あたりまえ」という感じでしたね。しかし、その「あたりまえ」が 継続的にいつも同じようにするには、力を注がなければなりません。

先日から、中央材料室の滅菌器や洗浄機のトラブルがきっかけで、介入してみました。 トラブルの直接的な要因は未だ不明確ですが、よくよく見てみると同じような洗浄剤が数種類あったり、洗浄機の 使い方が変わっていたり、知らないデモ機があったりと驚くべき事が多かったのです。 皆さまのところでは、考えられないと思いますが・・・
これまであまり介入していなかった自分に強く反省し、心を入れ替えて執拗に介入しております。 私が、反省したらその反撃で、行動が激しくなる傾向がありますが・・・

患者さんたちが、求めている事は「あたりまえ」なんですから、それを実践するための業務改善に伴う痛みは、 医療従事者も医療メーカさんも一緒に感じてもらおう~っと思い、とことん周囲を巻き込んでおります。

ご批判もあるようですが「直接言われへんかったら、聞こえへんわ~。根性あるんやったら、直接言ってみぃ」

次回は・・・“患者さんたちの療養環境に関係する寝具やベッド”です、お楽しみに。
それでは、また!

院内感染対策に関するご相談はこちら