1. MICKS HOME  > 
  2. 院内感染リサーチ  > 
  3. 2006年の院内感染リサーチ  > 
  4. vol.09 患者さんが評価する院内感染対策の具体策のまとめ編
Clip to Evernote

vol.09-01 概要

ごあいさつ

皆さま、風邪などひかれていないでしょうか?そろそろ、冬季感染症持ち込み防止戦略が開始されている ことと思います。
私は、11月に入りましたのでまずは職員向けに、全部署へポスターを配布しました!
「あなたの風邪を施設内で拡大させないために」という感じで
(1)咳やくしゃみの時はティッシュで覆う
(2)使用したティッシュはすぐにゴミ箱へ捨てる
(3)鼻水は手や服で拭かない
(4)風邪気味の場合は外科用マス クを装着し鼻と口を覆う
(5)外科用マスクは顎にかけたり、ポケットに入れて何度も使用しない⑥咳や鼻水、使用済みの外科用マスクに触れたら手洗いまたは手指消毒をする
と6つのお願いを掲示しました。 面会者や外来患者へお願いをする前に、まずは『足下』からやと思います。

今回のデータから見えることもまさに『足下を固める』ことになります。 私たちは、患者さんが気になることや期待することをまずは、整備していかなければならないと思います。 しかし、対策を実践する上で患者さんの期待する全てを優先させろというわけではありません。

医療サービスを提供する専門職として、根拠のある重要な事を優先させなければ患者さんに安全な医療を 受けていただけない事になります。 もしも、私たちが考える整備ポイントと患者さんが期待する整備ポイントに誤差があるとすれば、私たちは もっと患者さんに説明をしなければならないと思います。ぜひ、そんな事も考えながら調査の結果を見て下さ い。

永広会 はぁとふるグループ 感染管理認定看護師:森下 幸子

院内感染対策に関するご相談はこちら