1. MICKS HOME  > 
  2. 院内感染リサーチ  > 
  3. 2007年の院内感染リサーチ  > 
  4. vol.01 「安心」と「不安」の分岐点は待合室なのか?!
Clip to Evernote

vol.01-07 おわりに

私がやらなきゃ、誰がやる!

いかがでしょう?
お気づきと思いますが、自由回答の内容で「ノロウイルス」や「新型インフルエンザ」といった言葉がでてきます。確かに医療者も患者も頭が痛い問題ですが、今回の結果では、ノロウイルスによる感染性胃腸炎の流行も影響して、今まで以上に院内の空気に不安を感じたのでしょう。

さて、私たちはどうするか?
効果があるかわからないけど、やらないよりましと考え、高価な空気清浄装置を購入し設置する?
近隣の家電製品店で、とても売れている空気清浄装置を買い、目立つところに設置する?
でも、私たちは医療のプロです。本当に必要な事を施設に応じた方法で、効率的に実践し患者へ説明をする事が重要です。

空気感染経路の遮断が必要な感染症を疑えば、陰圧の部屋へ誘導し、咳がひどい患者が来院すば外科用マスクを装着させて一般患者と離れた場所へ誘導し隔離する。そして、そのような取り組みをリーフレットやポスター、ホームページ等で情報を公開することが必要です。

また、絶対に忘れてはならないことは、医師と看護師が直接、言葉でわかりやすく説明する事です。えっ?これらの事を誰がやるかって?
もちろん、あなたです。だって、私だってやってるんですから・・・

院内感染対策に関するご相談はこちら