1. MICKS HOME  > 
  2. 院内感染リサーチ  > 
  3. 2007年の院内感染リサーチ  > 
  4. vol.02 再使用される内視鏡・手術器具の安全性
Clip to Evernote

vol.02-01 概要

ごあいさつ

5月というのに、初夏のような気温のため施設内に冷房が入りました。(電気料金が・・・) 冷房が動く前に、冷却塔はどうだろうか?レジオネラの検査結果はどうだろうか等、夏は夏で心配事がございます。

さて、第2回目は再使用ができる器械類は、正しく洗浄と消毒ができているのかに対する患者さん達の声を集めてみました。特に、内視鏡への不安の声は多く、皆さまも是非読んでみてください。

また、手術器械器具は、内腔があったり形が複雑であったり、先端が細かったりと様々です。
特に、最近内視鏡手術が増えた事で、洗浄しにくい器械が増えています。むしろ、「値段を下げてシングルユースで売ってくれよ」と心で叫んだりもします。
でも、患者さん達にはそんな理由や状況は解りません。ただ、私たちが器械の処理を行っている姿や方法しか情報がないわけですから、そこから不安を感じてもいるようです。

永広会 はぁとふるグループ 感染管理認定看護師:森下 幸子

院内感染対策に関するご相談はこちら