1. MICKS HOME  > 
  2. 院内感染リサーチ  > 
  3. 2007年の院内感染リサーチ  > 
  4. vol.02 再使用される内視鏡・手術器具の安全性
Clip to Evernote

vol.02-07 【実体験】患者さんの不安体験

自身・家族が医療機関で治療を受けた際に院内感染対策について不安を感じたこと

患者さんが、再使用する医療器具や手術用器具の適切な洗浄・消毒・滅菌で「自分が院内感染してしまうかもしれない」と不安を感じた経験について、「再使用する医療器具」、「手術用器具」についての記述が見られました。以下テーマごとに、患者さんの実体験を抜粋しましたので、ご自分の職場環境にあてはまる点はないか、ご確認と対策をお勧めします。

再使用する医療器具
内視鏡検査を30分刻みで受信するが、毎回洗浄したものを使用しているのか? (男性 50代)
内視鏡の洗浄が不十分 (男性 50代)
内視鏡の消毒を意外と簡単にしている様に思える。 (男性 60代)
内視鏡が消毒されたものか確認できない。検査台に載った時用意されていた。 (男性 40代)
内視鏡カメラ器具一式の滅菌・消毒が徹底されているかどうか。歯科医で医療器具が適切に滅菌・消毒されているかどうか。 (男性 60代)
人間ドッグで胃の内視鏡検査の際、内視鏡を何本持っていたのか。内視鏡の洗浄にどのくらいの時間がかかるかわかりませんが、前の人が検査を終えてすぐに呼ばれて検査してもらいましたが、ちゃんと洗浄してるのかと、とても気になりました。 (男性 50代)
使用後の内視鏡の洗浄が水道水の水洗いだけで済ましてる施設が多い。ピロリ-菌他に注意をして欲しい。 (男性 50代)
見た目が清潔でない病院は、注射器や内視鏡など血液に触れる物が本当に清潔であるのか気になります。 (女性 20代)
肝炎の後輩を見舞いにいったとき、自分の体調がいい時を選んだ。内視鏡検査のときエイズの事前検査をしたが、逆を言えばそれによって傷ついたときに、なにか しらの感染が考えられるのではと思った。 (男性 50代)
飲み込む内視鏡カメラやコードが清潔で殺菌されているか不安だった。 (女性 60代)
続けて内視鏡検査(胃)を受けた時、前者の消毒が足りないのではないかと思った (男性 60代)
胃カメラを飲んだときに、そのあと看護師さんが器具を洗っている様子を見て、きちんと滅菌されているのか不安になった。 (女性 60代)
胃カメラの洗浄が徹底していない為に、以前の患者のピロリ菌を移された。 (男性 40代)
胃カメラの検査時、道具をちゃんと消毒したかどうか分らない。 (女性 60代)
手術用器具
手術器具の滅菌消毒が十分か。 (男性 50代)

【実体験】患者さんの安心体験

院内感染対策について安心を感じた取り組み

再使用する医療器具や手術用器具の適切な洗浄・消毒・滅菌を行っており「院内感染について熱心に取り組んでいて安心できるな」と感じた経験について、患者さんの実体験をご紹介します。 あまり患者さんからは器具の扱い状況などはわかりにくいためか、記述数はそれほど多くはないのですが、ご参考にしていただければと思います。

再使用する医療器具
注射器など使い捨てがきく物は使い捨てにし、胃カメラなどは常に洗浄されて清潔に保たれているのを見た時 (女性 20代)
胃カメラの消毒時間が他の病院よりも長く、1日2名の内科があり、そこで検診した (男性 30代)
医療器具の再利用についての説明のある分かりやすい掲示板があった (男性 30代)
手術用器具
小児科の医院で待合室にあるおもちゃが清潔に保たれているようには見えず、周りには急性胃腸炎で嘔吐している子供がいた時。 (男性 40代)
院内感染対策に関するご相談はこちら