1. MICKS HOME  > 
  2. 院内感染リサーチ  > 
  3. 2007年の院内感染リサーチ  > 
  4. vol.04 ベッドの管理に興味が高いのはなぜ?
Clip to Evernote

vol.04-06 おわりに

自施設における汚染リネン類のポリシーを決めましょう

最後の自由記述に息子さんが入院したときに嘔吐や尿でリネンを汚染したが 直ぐにシーツを交換してくれた事が書かれています。

で!そのシーツは正しく処理をしたのかどうかが、私たちは気になるところです。 ノロウイルスによる感染性胃腸炎の時には、汚染したリネンや衣類が山の様に なりました。直ぐに処理をしなければいけないと思い、吐物や便が付着した衣類を手で 洗おうとする介護者もいました。(もちろん、私の鉄拳を受ける事になりましたが) また、マットレスが汚染されたら、全て洗浄に委託する取り決めだったので、代わりの マットレスがなくなりそう!という状況もありました。 そんな状況にならないように、当施設の汚染リネン類に関する考え方としては
1.汚染した衣類やリネンを処理する時には水溶性ランドリーバッグに入れ、熱水洗濯乾燥機で処理をする
2.マットレスは、防水性通気性、耐熱のカバーをかけておき、カバーが汚染されれば1と同じように処理をする
と指針に書いております。 皆さまのところでは、どのように取り決めましたか?

院内感染対策に関するご相談はこちら