1. MICKS HOME  > 
  2. 院内感染リサーチ  > 
  3. 2007年の院内感染リサーチ  > 
  4. vol.05 時代は変わった!「不快」から「安心」へ変化したPPE(個人防護具)
Clip to Evernote

vol.05-11 【実体験】患者さんの不安体験・安心体験

自身・家族が医療機関で治療を受けた際に院内感染対策について不安を感じたこと

治療時の使い捨てゴム手袋や使い捨てエプロンの装着・交換に関して、患者さんが「自分が院内感染してしまうかもしれない」と不安を感じた経験について、「装着なし」「使い回し」「歯科」についての記述が見られました。以下テーマごとに、患者さんの実体験を抜粋しましたので、ご自分の職場環境にあてはまる点はないか、ご確認と対策をお勧めします。

装着なし
手洗い、消毒、エプロン、マスクの設備があったけれど、医師、看護師、見舞い客共、徹底していたようには思えなかった。 (女性60代)
エプロンや白衣が汚い (女性40代)
医者、看護師の着衣に汚染物質が付着すると思うのに、エプロン着用など患者ごとに衛生的な着衣で対応できないこと。 (女性40代)
医師や看護師が診察時に使い捨てのゴム手袋をしているのをほとんど見かけない。白衣もそのままで、何の対策もされていない。そのままの着衣で病室にも出入りをする。 (女性50代)
同室の入院患者の処置をしたあと、すぐに次の患者の処置をしていたこと。手などの消毒をしているまたはゴム手袋を使っている様子がなかった。 (女性30代)
使い回し
手袋をしたまま診察を含めいろいろな作業をしている。手袋しているのは自分の手を守っているだけ。感染対策ではないと感じた。 (男性50代)
手袋は着けない、汚れた台の上に置いてから使う、使いまわし、ソレは普通使い捨てでは?と目で追いましたが病院やスタッフにいえません。 (女性30代)
治療開始前に、すでに医師のゴム手袋に血が付いていた。 (男性30代)
施設などで患者(利用者)さんに対して手袋を替えずに排泄物などの処理をしていた。 (男性30代)
家族が入院中座薬を看護師さんに入れてもらうとき、ゴム手袋を最初からして病室に来られることが多かったので、使いまわしではないかと不安に思った。 (女性30代)
医師がゴム手袋を交換しないで、次の患者を診察していた。 (女性40代)
歯科
歯科治療の際、何人も治療用いすに座らせて次々に患者の所を回って治療をしている医師が、手を洗うあるいは手袋を取り替えているようには感じられなかった。その手を口の中に突っ込まれたときには、嫌な感じがした。 (男性60代)
歯科医院にて使い捨てであるはずのゴム手袋を替えていなかった。ササッと水洗いしてそのまま使われたことがある。 (女性30代)
歯科医院で使い捨て手袋は患者のためでなく、治療者側を感染症症から守るために使われていると感じた時  一人一人使い捨てていなかった (女性50代)
歯科での使い捨て手袋は自分自身を守る為のように感じる。その手袋で、お金もさわり、治療にも係わる。何処の歯科でも手袋を交換しているのをみたことがない。 (女性40代)
虫歯の治療の際、自分につけられた紙エプロンに前に使った人の血がついていた。 (男性40代)

【実体験】患者さんの安心体験

院内感染対策について安心を感じた取り組み

治療時に使い捨てゴム手袋や使い捨てエプロンを装着することやそれらを患者毎に交換することで「院内感染について熱心に取り組んでいて安心できるな」と感じた経験について、患者さんの実体験について、「装着」「交換」「歯科」についての記述が見られました。ご一読いただいて、ぜひ今後のご参考にしていただければと思います。

装着
処置の際に使い捨てのピンセットやゴム手袋をはめて対応してもらえた。 (男性20代)
皮膚科で使い捨ての手袋を使用していた (女性50代)
使い捨ての手袋や医療用具を適切に使うことを徹底している。 (男性60代)
採血をした後、血が止まらなかったので、受付の事務の人に行ったら、使い捨てのビニールの手袋をはめて、対応してくれた。 (男性60代)
使い捨て手袋が入院患者ひとりひとりの近くに設置してあった。下の世話をするときは、使い捨てエプロン着用であった。 (女性40代)
患者さんの皮膚に触れる時は必ずゴム手袋をしていて、使ったものはすぐに捨てていた。 (女性40代)
交換
処置により使い捨て手袋で診察していた。入院患者の部屋を移動するごとに看護師が消毒または患者毎に手袋を変えていた。 (女性40代)
毎回箱の中から新しい手袋を取り出す。 (男性50代)
必ず使い捨てのゴム手袋を取り替えている。 (女性60代)
手袋を取り替えているのを見たとき。 (女性40代)
使い捨てゴム手袋を患者毎に取り替えている。 (男性20代)
採決の際、患者ごとに手袋をとりかえている。 (女性50代)
看護士が使い捨ての手袋を患者ごとに取り替えていた。 (女性40代)
医師が患者の目の前で、新しいゴム手袋に変えたのを目にし、とても安心した。 (女性40代)
歯科
歯科医院でコップやエプロン等がドンドン使い捨てになったこと。 (女性50代)
歯科医院で、使い捨て手袋はもちろん、使い捨てのエプロンを使用するなど、とても安心できるなと感じた。 (女性30代)
歯科で治療のときにエプロン見たいな物を胸に掛けてくれるが、これに関しては、患者ごとに破棄されていたので。安心。 (女性50代)
歯科ですが治療室がガラス張りで待合室から良く見えます。もちろん治療中の患者さん迄は見えないようにしていますが。 スタッフの方が患者さんの治療が終わった時には手袋を脱ぎ手を良く洗って新しい手袋に交換したりするのが無造作にしているのでホッとします。 (女性20代)
院内感染対策に関するご相談はこちら