1. MICKS HOME  > 
  2. 院内感染リサーチ  > 
  3. 2007年の院内感染リサーチ  > 
  4. vol.06 リネンへの意識が高い患者さん達!
Clip to Evernote

vol.06-01 概要

ごあいさつ

残暑厳しい大阪ですが、皆さまのところはいかがでしょうか? 小さいときは、冷房はなくても、網戸だけ!そして“色つきの素麺”を姉妹喧嘩しながら 食べたり、父がかき氷を作ってくれたり(イチゴのシロップ)それなりに夏は楽しかったな ~と思っています(笑) さて、第4回 で「いかに患者さん達はリネン類に注目しているか」のお話をしました。 また、感染対策上重要な事として、汚染リネンを正しく効率的に処理をする方法を ご紹介いたしました。 今回はリネン類に関して感染の不安を感じた患者さん達の意見が書かれています。 シーツだけではなくて、私たちの「白衣」について、厳しい意見が書かれていますので ぜひ、読んでください。 「ん~確かに○○先生の白衣は、汚いな」とか「ウチは、看護師が毎日白衣を交換でき るだけの枚数を貸与しているかなァ」とか「クリーニングの契約回数を増やした方がいい のだろうか」等々考えながら読んでいただければと思います。 私の勤務する病院では、患者さんから管理者が一目でわかるように白衣の色が 違います。管理者は“白”、スタッフは“ピンク”です。決して、年齢で分けたわけでは ない事を強調しておきます。

永広会 はぁとふるグループ 感染管理認定看護師:森下 幸子

院内感染対策に関するご相談はこちら