1. MICKS HOME  > 
  2. 院内感染リサーチ  > 
  3. 2007年の院内感染リサーチ  > 
  4. vol.06 リネンへの意識が高い患者さん達!
Clip to Evernote

vol.06-06 おわりに

私たちと患者さん達の“気持ち悪い”の違い

院内感染への不安や気になる事の項目が、1位が使い捨て用具、2位がシーツやマットレスの衛生状態には驚きました。手洗いや手袋の装着よりも気になっていることがよくわかります。それは、自由記述を読んでいただければ、「そりゃ、気になるわ」と理解することができます。
でも、日々あのバタバタとした外来で、気づくでしょうか?毎日毎日見ている診察台に薄汚れたバスタオルが敷かれていて、患者さんがそれを気にしているなんて・・・
血液に慣れている?私たちは、少し血液が診察台のカバーに付着していても、「あら、次の時に交換するか」と思い、それを見た患者さんが「うわ、気持ち悪い。感染しそう」と気にしているなんて・・・じゃぁ、この違い(ギャップ)は課題です。どうしましょうか?
診察台で処置を行うなら、使い捨ての簡単な防水シーツをさっと敷くとか、バスタオルはひとり診察が終われば、しわを伸ばして敷き直し、汚れていてれば綺麗なものに取り替えられるように、複数枚診察台の下に置いておくとか!医師も看護師も白衣はビシッときれいなものを着て、第一印象は大切ですから。そうそう、部屋のカーテンも気になると意見をいただいています。確かに・・・
カーテンのクリーニングも忘れずに計画を立て、毎回“色”を変えるだけでも好印象ですよ。

院内感染対策に関するご相談はこちら