1. MICKS HOME  > 
  2. 院内感染リサーチ  > 
  3. 2007年の院内感染リサーチ  > 
  4. vol.07 医療従事者の手洗い作法(マナー)とグローブ
Clip to Evernote

vol.07-07 おわりに

今は、自動水栓やペーパタオルもあたり前の時代

洗面所の設備についても期待が高い事がわかります。ふと、周りを見ると手洗い場 の自動水栓、石けん、ペーパタオルの設置が増えたと思いませんか?ホテル、スーパー や百貨店、駅のトイレ等々新幹線だって、自動水栓ですね。先日、駅のトイレに入りまし たらゴミ箱の蓋がセンサーで開き、興味を持ったので「どこの会社のんかな?電源は?」 とゴミ箱を持ち上げ確認しました。 しかし、もっとも手洗いが重要であり命に関わる医療施設では、まだまだそんな格好いい 設備は整っていません・・・そう、設備投資のお金が医療では厳しいからです。でも、患者 さんは、日常生活で整備された設備に慣れて「当たり前」と思っているんですね。 でも、設備もともかく、ケアの前後に手を洗う、手指を消毒する事を習慣化させ、せめて 医療従事者の手洗い不足で不安を感じるなんて言われないようにしなければいけないと 思います。これも、防護用具の時と同じで“トレーニング”が必要です。右のような、器械を使って手洗いのトレーニングを年間教育プランに入れましょう。

院内感染対策に関するご相談はこちら