1. MICKS HOME  > 
  2. 院内感染リサーチ  > 
  3. 2007年の院内感染リサーチ  > 
  4. vol.09 医療従事者と患者さんのギャップ
Clip to Evernote

vol.09-09 おわりに

おわりに「患者の気持ちを読むには、自分の家族に置き換える」

不安でも、9割近い方が、医療者へ聞けないという現状は少しさみしく感じました。(私は、おかしい~と思ったら聞くようにしますが・・・)また、せっかく説明したとしても伝わっていないのも悔しいですよね。もちろん自由回答に書かれている説明の内容であれば、伝わらないでしょうし、むしろ患者さんや家族は、具体的な対策も知りたいと思っている方もおられようです。となると大変難しくなってきます。全ての医師や看護師が具体的な感染対策を患者や家族へ説明する事ができるのか?私は、入院のご案内の冊子や外来の窓口、ナース・ステーション前などに「当院の感染対策について」などのリーフレットを設置したり、患者さんへ手洗いや咳エチケットのポスターを掲示して啓発したり・・・と仕掛けを色々考えています。つまり、当院で行っている感染対策を理解していただく事から始めたいと思います。それでも、患者さんや家族の気持ちがわかりにくい時は、自分がもしもこの家族であったら、どうするか?何を聞きたいか?と考えていただければ、意外に頭がスッキリします!

院内感染対策に関するご相談はこちら