1. MICKS HOME  > 
  2. 院内感染リサーチ  > 
  3. 2015年の院内感染リサーチ  > 
  4. vol.08 患者が最も望む感染対策の公表とは。取り組み?院内感染の発生?それとも・・・
Clip to Evernote

vol08-1 概要

残暑が厳しいなぁと思っていたら、だんだん涼しくなってきました。
そして、地元の私として心配なことは「麻疹」です。あっという間に全国へ拡大しましたが、医療機関で拡大したという報告は、今のところありません。でも、引き続き要注意です。

さて、今回は、感染対策に関する情報を公表することについて、報告します。
例えば、8割の人が、「感染対策についてパンフレットで説明していること」が必要であると回答されています。ホームページの公開はもちろんですが、院内感染が発生した時の公表についても結果が出ていますので、ご確認下さい。
また、感染対策の専任者が必要であると回答も高く、嬉しい限りです。

自由回答も注目です。患者さんからの意見が、私たちの力になる回答ばかりでした。

「感染の疑いがある時点で、出来れば隔離、必ず告知する。特に告知をして行動制限義務化していただきたい。患者に対して知識を教える事が大事だと思います」(東海 男性30-39歳)

「発生した院内感染について、その原因を究明し、対策を実施していること。また、更なる発生予防対策をしている」(男性50-59歳)


永広会 はぁとふるグループ 感染管理認定看護師: vol08-1 概要


院内感染対策に関するご相談はこちら